hjmnotes

鍵盤のハジメです
PINK JOPPELIN 等で活動

MySpace
http://www.myspace.com/hjmonkeys
http://www.myspace.com/hjmkwc
http://www.myspace.com/pinkjoppelin

twitter
http://twitter.com/hjmnotes
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
森くんライブそして
森広隆くんワンマン終了。
森くん、誕生日おめでとう!!
森くん、メンバーの皆さん、本当に最高でした。

ライブの余韻で眠れない夜は久々です。

ちょっと今までにない感触で、どう表現すればいいのか分かりませんが、とにかく最高でした。

以前にも書いたかもしれません。
佐野康夫さんとはその昔、あるセッションライブでご一緒したんですが、初顔合わせの本番で、わたくしオープンのソロを10分以上弾いてしまったのでした笑。
というか弾かされてしまったんです気持ち良すぎて。
どんどん湧いて何処まででも登って行きたくなるあの感じ。

あの頃無名だった(今でもですが)僕に、またやりたい、と連絡先を教えてくれましたが、さすがにキャリアもない当時の僕は気が引けて、誘えずにいました。
佐野さんは、何となく燻って踏み出せないでいる現状の僕に、「そこに立ってみないと見えない事もあるから」とも言ってくれました。
僕はその時に、また佐野さんと再会して良い音を出す、という事をイメージして音楽を続けていこう、と思ったのでした。
もちろんそれが全てではないんだけど、あの頃自分の見据えるイメージの、大きなひとつになった気がします。

僕が音楽を続けてきた道程は、本当に独自で、端から見ればスローで何の引っかかりも無いものだったかもしれないけど、その道程は今でも誇れるし、その全てが集まって、最近また新しいスタートラインに立てたような気がしています。

なんて感じた今日でした。
まだまだですが、全ては良い音を出すために、頑張ります。


- | 07:46 | - | -
2013
2013年も終わろうとしています。

今年も色々な方々と共演させていただき、本当にそのどれもが印象的な公演になって、
感謝の気持ちでいっぱいです。

浜田省吾さんのツアーはやはり今年も、僕にとってとても大きなものになりました。
FC会報に多くを書いてしまったため、ここではあまり言葉になりませんが、
日本屈指のミュージシャン、ロックや各フィールドの音楽を引っ張ってこられた先輩方と、
浜田さんの唯一無二の歌声と。
その中で音を出す事は一音一音がまさに最高な感覚でした。
自分の中では楽しくもあり、また色々な闘いもあったりしましたが、
ファイナルを終えた時に、ツアー前とはまた、全く違う景色が見えました。
ばーっと色々なものが、開けて見えたり。
多分大きく何か、また変わったんだろうと思います。
関わった皆様、公演を観てくれた方々に、深く感謝しています。
ありがとうございました!


その他に今年は下半期も、印象に強く残った公演ばかりでした。

森広隆くんJAM ADDICTでは9月にアンジェラ・アキさん、12月にスガシカオさんがゲスト。
この2人と、森くんやバンドメンバーも含めた全ての共演者の相互作用、というか
皆で上に上に昇っていく高揚した感じ。
あのアンサンブルの感じというのは、何とも忘れる事のできないものになりました。
音楽やってて、よかったなあ。。という。

アンジーとの出会いは今年の大きな出来事の一つだったと思う。
素晴らしい音楽を持っていながら、なお向上しようとするあの力強さ。
全てに向けて開いている、あの感じ。
レッスンをしていても、同時に僕も、かけがえのない何かをもらっている気がしています。
来年彼女は、留学、そして活動休止することになりましたが、
それまでに大規模ツアーもあり、ますます彼女のこれからが、楽しみです。

スガさんとは、レコーディングでの共演はあったものの、ライブでは今回が初めてで。
この日を心待ちにしてました。
昔の曲ばかりだったのもあって、
もうファンクに、あの感じに寄せて寄せて、濃密すぎる、コテコテなやつ、やりました笑。
バンド含めたアンサンブルも最高で。鳥肌の立つような瞬間が何度もあった。
スガさんの声は、やはり反則です。
やはり僕にとって、特別な存在だと思いました。改めて。

ホストの森くんも、このイベントを取り仕切り、
このような最高のアーティストの方々を交えて、
どんどんその素晴らしさを開花させていった気がします。
音楽の、こういう感じっていいですね。最高ですね。
もちろん今までも素晴らしかったんですが、森くんのこれからも、本当に楽しみ。


宮本浩次さんとの公演は今年、原宿、福岡、熊本と3箇所5公演だけ参加でしたが、
どれもとても印象に残るものになりました。

博多大吉さんのふるさとイベントは昨年に続き、
お笑いという異ジャンルの方々と舞台を同じにするというものでしたが、
人を楽しませて、笑わせるというプロの凄みを肌で感じて、
更にそこに交わって演奏するというのが、
なんか本当にいい刺激になりまして。

そして熊本ではアンサンブルも今までからまたひとつ、進化したものになったと思いますし、
地元の方々の協力と、そこに根付くコミュニティ、そしてそこにある素敵な生き方みたいなものも含め、
様々、感じる事がありました。
熊本から帰る時のあの、淋しさって、なんだったんだろう、、とか。
今でも考えます。

宮本さんも今年、一人ライブなど新しい扉を開けて、
益々深みを増してます。凄い。
来年もまた、更に楽しみです。


他にも3月にはJAM RESOULEDという久々の自分仕切りのセッションライブをやったり、
レコーディングですが篠原美也子さんのアニバーサリーアルバムに参加させていただいたり、
JIMANICA BANDSETも数回のライブがありましたし、
伊藤祥平くんや、ピンチヒッターでしたが家入レオさん、ユキ・ラインハルトさん等々等々
沢山の素晴らしいアーティスト、ミュージシャンとの、
印象に残ったライブやREC、収録、制作がありました。
色々なセッション全てが、とても印象深く、こういう年も珍しいなと思います。
お客さんやメンバースタッフ、関係の方々も含め、本当にありがとうございました。


年末は少し、時間も出来たので、がっつりとピアノを弾き、
いつもじっくり出来ない深いインプットができまして、
先ほども書きましたが、音楽に関して、色々な事がようやくバッと開けて見えてきた感じがしてます。
本当に急に、ここにきて。
少なくとも去年の今頃とはまた、違う景色が見えているような気がします。
さらにもっと深いところまで、行けるような気がしてます。
そして本当に様々な事、具体的にイメージ出来るようになってきているんですが、
それはまだ胸に秘めます。でもそれに向けて。

もう既に来年に向け、色々盛りだくさんで動いています。
来年は年初から、フル回転で。


今年も本当に沢山の方々にお世話になりました。
心から、深く深く、感謝します。
ありがとうございました。

では皆様、よいお年を!!!


 
- | 03:34 | - | -
"JAM" Resouled
 吉祥寺MANDA-RA2、"JAM" Resouled 終了。

お越しいただいた沢山の皆様、ありがとうございました!!!
追加席も売り切れ、立ち見で来てくれた方も含め、満員御礼でございました。
心から感謝です。


メンバーの皆さんも流石の素晴らしい、最高の演奏、パフォーマンスで、
お客さんの熱い反応も相まって、
おかげさまでよいものをお観せできたのではと思います。

会場でお話した方、メールやtwitter、Facebookなどでは、
早速予想以上の熱い反響をいただき、本当に励みになります。
ブログに書いてくれた方々もいるようで。
そのどれもが、メンバー個人個人、全員の素晴らしさについて触れてくれていて、
なんかそれが、なにより嬉しいです。
でしょー!!って感じで笑。


万作さんと、一緒にやりたいねという話になって2年越しの、ライブ実現でした。
メンバー選びも任せていただいて。
万作さんのドラムとやったら、必ずマジックが起こる!
と確信して頼んだ皆さんでしたが、
これまた僕が思っていた以上のマジカルなものになったと思います。

形式上はカバーばかりで、リハも1日取れただけでしたし、
いわゆる普通のセッションライブになりそうなところですが、
せっかくのメンバーなので、それはちょっと嫌だな〜と思ってまして。。
なにか少しでも、スペシャルなものにならないと、つまらないですし。
メンバー皆に選曲してもらったのもそんな意図でした。
こんな素晴らしくアクの強いメンバーに笑、好きな曲を持ち寄ってもらって、
個人個人に持てる力、やりたいこと全て出していただいて、
みんなにみんなが引き上げられて、
その上で成り立つバンドっぽい調和というか、そんなのが漠然と頭の中にあったんです。

なんかみんな言わずともその辺を感じてくれるような、
絶妙なしっくり感だったなあ。
そういう意味でも、素晴らしいメンバーでした。
本当にありがとうございました。


SOKUSAIさんとも終演後話したんですが、
お客さんは、元気をもらったとか、頑張ろうと思ったとか、
言ってくれる人がとっても多くて、
それってなにより嬉しい感想だよね、と。
演奏良かったって言ってくれるのはもちろん、とても嬉しいですが、
こうした形のライブで、
そういう前向きなパワーをもらったって感想をまず言ってくれるって
あまりない話だと思うし、なんかやってよかったな、と改めて思った。

またこのメンバーで、やりたいっす。
よろしくお願いします!


あ、わたくし慣れない拙いMCで、ほんとにすみませんでした。。
あれでもいっぱいいっぱいっす。
こちらでも、メンバー皆さんにたくさん助けてもらっちゃった笑。
今後もーちょい頑張ります!

お客さん含め、あそこにいた全員のおかげで最高のライブになりました。
もう一度、来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!!

最後にリクエスト沢山いただいたセットリストは期間限定になりますが
http://firestorage.jp/download/f768d43537ffeb4ce2633936a0d066486894898c
に上げてありますので是非。


メンバー

木村万作 Drums

奥田健治 Guitar

SOKUSAI Bass

Uko Sax

鎌田みずき Vocal

河内肇 Piano, Keyboard


でした。またかならず!!!


健治さん恐すぎ笑
- | 21:29 | - | -
2013
 2013年も2月に入りまして。
今年もよろしくお願い致します。


今年は更なるステップアップを目指しまして、
事始めとして実に久しぶりの自分仕切りのセッションライブをする事になりました。

というわけでどーん!


3/16(土) 
"JAM" Resouled
吉祥寺 MANDA-RA2 http://www.mandala.gr.jp/man2.html 

出演 木村万作(dr) 奥田健治(g) SOKUSAI(b) Uko(sax) 鎌田みずき(vo) 河内肇(key)

open 17:30 / start 18:00

前売¥4,000+Drink 当日¥4,300+Drink
2/16よりMANDA-RA2にて店頭発売開始。
電話予約 0422-42-1579



という国内屈指のベテラン勢と気鋭の若手を交えた、全世代型バンドになりました。
やりたかったんです。この形。

木村万作さんは小田和正、浜田省吾など多くのレコーディング、ツアーをはじめ、
日本の誇るインストゥルメンタルバンド、PRISMのメンバーとして知られる名実ともに国内最高峰の名ドラマー。太いサウンドとグルーブ、この方の出す柔らかさとタイトさを併せ持ったリズム、スポットが、僕は大好きです。

奥田健治さんは現在ファーストコールのセッションミュージシャンとして無数のレコーディング、ツアーに参加。共演アーティストを挙げようと思いましたが数が多すぎて無理です笑。つい先週はアメリカLAで行われた楽器メーカーの世界最大の祭典NAMMショーにてデモンストレーション演奏を行い絶賛されたとか。無敵のカッティングと歌い説得力のありまくるソロプレイ。素晴らしすぎです。

SOKUSAIさんは長くNYにて演奏活動をされ、2005年にグラミー賞を受賞したJohn Legend、Freddie Jackson、Melissa Morgan等と共演。現在は帰国し、JUJUや八神順子などツアー、レコーディングに参加されています。マジカルなグルーブ、タイム感、深く全てを包み込むサウンドを持つ最高のベーシストです。

Ukoちゃんは昨年の浜田省吾さんツアーで一緒だった若手サックス奏者。実はこのようながっつりセッションでご一緒するのは初めてです。とても綺麗で歌う音色を持っています。ファンキーな演目でどんなキレたプレイを聴かせてくれるのか、本当に楽しみ!!

鎌田みずきちゃんはこのバンド最若手!SOKUSAIさんに紹介してもらって、音源をチェックし、その素晴らしさに一発オファーさせていただきました。SOKUSAIさん曰く、「どこまでもいく歌」楽しみです。歌って欲しいのいっぱいある!


こんなメンバーで、新旧ソウルやR&B、ファンクの名曲を中心にお届けします。
自分で誘っておいてなんですが、すげーなぁ。。
もの凄い3リズム。俺が観たいわ!!
クールに熱く、壮絶で楽しい音楽の時間にしたいです。
間違いなくやばいものが観れるでしょう。
もちろんわたくしも、全てを出し尽くします!!
是非!!!!!


どうぞよろしくお願いいたします。








- | 22:17 | - | -
2012
 2012年も暮れていこうとしていますね。

沢山の方々にお世話になりました。
本当に心から、ありがとうございました。


今年も色々な方々の公演に参加させていただきました。

長いこと参加させてもらってる森広隆くん。
来年は新しいアルバムも出ることでしょう。
11月のバンドワンマンは、従来の曲が多かったですが、
それでも新たな輝きが見えるような手応えで、
改めて森くんとメンバーの素晴らしさを感じました。
森くんの歌は表現と凄みも増して、唯一無二のものになろうとしています。凄い。
映画の主題歌も決まって、これからの森くんも楽しみ!

宮本浩次さん。
今年は宮本さんと2人で、デュオのライブを重ねまして。
この形をやり始めて2年以上経ちますが、
ここにきて更に何段も上の領域に踏み込んだような感覚で、
音楽的にとても充実してきたなと思います。
宮本さんの音楽は、、いいよねえ。
美辞麗句を並べるより、これなんです。宮本さんの音楽。最高です。
色々な都市に行かせていただきましたが、
普段のツアーよりもゆったり進行な時が多くて、
それぞれの土地の良さを味わえたのも嬉しかったです。
特に宮本さんファンの方々にはライブ会場そしてtwitter上などでも
色々と親切にしていただき感謝しております。
来年以降も更にいいものにしていきたいです!

前田敦子さん。
昨年に引き続き、今年はホールライブでした。
色々ととてもハードな進行でしたが、それだけに充実感も。
メンバーにはただただ感謝です。
あっちゃんの歌はボイトレの成果か、とてもいい瞬間が増えてきたなと感じます。
あんな風に伸びてくると、これからも楽しみになる。
またやりたいね!

清水翔太くん。
毎年お世話になっている先輩、河合さんのトラで数本参加させてもらってますが、
この現場の雰囲気、というかチーム感は特別で、
それがステージにも表れているなと感じます。
翔太くんの歌は今年も特筆すべき伸びと輝きでした。
恐るべし!
とても気持よく演奏させてもらいました。応援してます。
またたまにでも、共演できたら嬉しいね。

Jimanica band set
今年はライブ少なかったですが、Jimanicaはアルバムも出しまして、
来年のツアーも決まってますし楽しみです。
僕は今年は全体にピアノを弾きまくった年でしたが、
ここのようにシンセしか弾かず、音数も弾かず、
彩りを添えバランスを見るような立ち位置というのもまた面白い。
ファミリーのような仲の良さは相変わらず笑。
来年もよろしくです!



そして、浜田省吾さん。
今年は何といっても、このステージでした。
大袈裟でなく今年の、というか今までの音楽人生の全てをここにぶつけました。
前のブログに全て書いたつもりなので多くは書きませんが、
浜田さん、メンバー、スタッフ、そして浜田さんファンの皆様に
改めて最上級の感謝を言いたいです。
ありがとうございました。

僕は半年前のあのステージ以降、確かに変わったと思います。
音楽的にも、考え方も。
来年はもっといい音を、皆さんにお届けできると思ってます。



今年は他にも単発でしたが、
レコーディングも含めたくさんのアーティスト、ミュージシャンの方々と
共演させていただきました。
それぞれに印象深く残っています。
ありがとうございました。



先ほども書きましたが、
今年僕はまた変わったと思っています。
それは周りの全ての皆さんによってのものであるし
人との関わりの大切さと感謝を、またこれまで以上に感じる年でした。
来年以降もいい変化を続けたいと思っているし、
もっといい音をお届けできると思っています。



また難しい状況の続く世の中ですが
考え続けることを止めず、
忘れないという事をまずは一歩に、
自分に出来る事をやっていきたいです。



もう一度、今年一年、本当にお世話になりました。
皆様にとって素敵な一年になりますように。
来年も、よろしくお願い致します。

ではよいお年を!!!




河内 肇



- | 15:07 | - | -
| 1/58PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
CONTACT
御意見御感想御苦情等はこちらへどうぞ hj7411@infoseek.jp
OTHERS
RECOMMEND

planetblue
planetblue (JUGEMレビュー »)
森広隆,森広隆
SPONSORED LINKS